LifeStory

藤間俊介 | 人生を恋で変えよう

14 views
藤間俊介 | 人生を恋で変えよう

人生を恋で変えよう

扉一枚、隔てた先から、司会者によるアナウンスが聞こ
えてきた。参列者はざわついているようだけれど、何を話
しているかまではわからない。
間もなく、始まる。
入場の直前まで、担当のプランナーから歩き方や歩幅、
腕の組み方、移動の仕方など事細かに指導された。
普段は、新郎新婦の写真を撮るためにスタンバイしてい
る側で、一連の流れは全て把握しているつもりだった。
だが、いざ自分が主役になると別の緊張感が生まれた。
挙式と披露宴は、何十回も見てきた。
仕事として、全力で取り組んできた。
そんな僕が、まさかこういう場面に立てるなんて思いも
しなかった。
「新郎新婦のご入場です」
扉が開かれたと同時に、スポットライトが当てられる。
眩しい光と盛大な拍手を浴びさせられた僕は、涙がこみ
上げてきそうだった。華やかな音楽に包まれながら、指示
通り歩く。
「おめでとう!」
鳴り止まない歓声に照れながら、みんなの表情を眺める。
大好きな人たちが祝福してくれている。
見慣れたはずの光景だった。
会場にいる誰よりも現場を知っているはずだった。
でも、こんなにも感極まるものだなんて、知らなかった。
友人に囲まれて結婚式を挙げられる日がくるなんて、想
像もしていなかった。
自分に自信がなくて、友達は皆無だった。
誰一人として、呼べる人がいないと思っていたから。
彼女と出会えて運命は変わった。
そして、偶発的でも携われた今の仕事をしている喜びを、
この瞬間、ようやく理解できた。
僕は初めて、ブライダルフォトグラファーとして活動し
ている幸せをかみしめた。


学校から高校まで、友達はいなかった。
親の転勤で、新潟から長野へ引っ越したことで環境の変
化に慣れず、土地にも馴染めず孤立していた。
「ノロマのトーマ」
運動神経も乏しく、鈍臭いことから、そんなあだ名が付
けられる。学校に行きたくない気持ちが日々募りつつも、
両親に心配をかけたくなかった。なるべく休まずに、だが
身体を引きずってまで登校する毎日は苦痛でしかない。
プロレスごっこと称した暴力は、端から見ればいじりか
、、、
もしれないが、僕からすれば、れっきとしたいじめ。
、、、
ただ、たとえそれでも、ヘラヘラと笑い堪えていた。
僕は孤独を恐れていた。
嫌々ながら接しても、一人取り残されることだけは避け
た。誰かと一緒にいたい気持ちがあっても、それを好意的
には受け取ってもらえない。ドラえもんでいうのび太くん
のような存在。
人と繋がっていたい。
時間を共有したい。
少年時代のささやかな願いは、苦い思い出になっていた。
そのせいで、人生は退屈だ、と卑屈になっていた。
だが、将来を考えたある日、僕は全て周りに原因がある
と決めつけていただけと気づく。
結局は自分の振る舞い方や態度が、相手を誘発させてい



つまでも周囲や環境に甘んじず、変わらなければなら
ないと思うようになっていた。
その頃は大学受験を控える年になっていたため、勉強を
し始めるものの、偏差値は描いたようには伸びず、失敗。
対人関係はおろか、勉強ですらうまくいかない自分の無
力さや情けなさに落胆した。
結果、フリーターとなった僕は故郷を離れることにした。
幼い頃からテレビっ子だった自分は、東京に憧れを抱い
ていた。小さな箱に映るその様は、田舎者の僕にとっては
華やかなものとして捉えていた。流行の最先端が首都圏に
広がって、それを随時放送しているのを見ているだけで心
は踊った。
年相応にファッションに興味が湧いていた僕は、アパレ
ル店で働こうと決心。
知り合いがいない中での上京は、挑戦だった。
だからこそ、生まれ変わろうという気持ちにも拍車がか
かる。誰も知らないというのは、逆にチャンスでもあった。
ただ、二十年近く育ってきた土地を離れるのに不安がなか
ったわけではない。
それでも、一度決めた以上はやり遂げたいという想いで、
とある有名ブランドの店舗で勤務し、そこでできた知人を
介して、飲み会へと参加。
休日のたびに、新たな出会いを求める日々。
しかし交友関係は広がるも、心から仲良いと思える人に
は巡り会えない。その場では盛り上がっても、二人でご飯
に行ける間柄かを考えると、自信がなかった。
そんなことを繰り返していたある日、僕の運命を変えた
一人の女性と出会った。
上京、三年目。
すっかり東京色に馴染んでいた僕は、ライブ活動に身を
捧げていた。
もともと歌が好きで、以前に比べて、カラオケに行く頻
度が多くなっていた。
アパレルショップで働いていた同い年の男とは、音楽の
話で意気投合。彼は幼少期からピアノを習い、作曲もして
いたが、歌唱が苦手だった。
同じ職場で頻繁に顔を合わすものだから、自然と仲良く
なっていき、やがて彼から、
「バンドやらない?」
と提案され、その場のノリと勢いに乗じることを決意し



公演の日。
緊張と不安が混ざり合った、絵の具では言い表せられな
いような濁った心情に鼓動は高まるばかり。
リハーサル。何組も出演するうちの一組だった僕たちは、
呼ばれるまで楽屋で待機。そこで一人の女性アーティスト
と知り合った。
簡単な挨拶をしていると、お互い初ライブとわかり、親
近感が湧き、会話が盛り上がった。だが、ほんの数分間の
出来事で、区切りのいいところで、準備に入る。
本番を迎えた彼女のパフォーマンスに見入ってしまった。
煙なのか埃が漂っているのかわからないライブハウスに
は、似つかわしくないピアノの弾き語りから奏でられる音
色が宙を舞った。小汚く、じめっとした空間でもそれ
が演奏する上でのアイデンティティーであるかのような場
所に、一輪の花を添えた美しさが、あった。
そんな出会い方から始まり、彼女とは偶然が重なって街
中で何度も出くわした。音楽という共通の話題で話に花が
咲き、週に一度のペースでお酒を飲み交わす。
最初は、親しい友人の一人として認識していたが、知り
合ってから二年近く経過し、二人で美術館へ行ったとき、
彼女に対する意識が変わった。
たまたま、とても近い距離で絵画鑑賞していたことをき
っかけに、女性として見るようになっていた。
突然芽生えた恋に、どんどん気持ちは高ぶっていく。
ある日、パソコンが動かないから直して欲しいという相
談を受けた。
当時、実家に住んでいた彼女のところへ行き、その作業
を終えたことを機に、僕は想いを告げようと決心。
「そろそろ付き合ってもいいよね」
レストランで食事をしつつ、対面に座る彼女に向かって
言葉を洩らすと、唖然とした表情を浮かべて、
「いや、そんな風に見てないんだけど」
一蹴。
すんなり良い返事をもらえると思っていたため、僕は少
し気が動転しながらも彼女を説得。気づけば終電を逃すほ
ど話し込んでいた。
しかし、話は平行線で、両者ともに折れなかった。痺れ
を切らしている態度が垣間見えたとき、僕は意を決して言
った。
「じゃあさ、付き合わなくてもいいから結婚しよう」
当時、その願望はなかった。
ミュージシャンとして活動していきたいと本気で考えて
いた。
だが、家賃は払えても、余裕ある生活ではない。結婚な
んて夢のまた夢。
それでも、彼女に対してそう伝えたのは、運命の相手だ
と感じられたから。魂で繋がっているような、不思議な感
覚を、僕は抱いていた。
人生を添い遂げたい。たとえ、今でなくても最終的に結
婚相手として選んで欲しい。
ただ、どうしても交際はしたかったため、粘りに粘って、
二週間だけ付き合おうという提案で落ち着いた。
以後も猛烈にアプローチを続け、常に好きな気持ちを言
葉と態度で表現していく。
その日から一年。
彼女が僕に対する感情にも変化が生じ始め、ようやくお
互いを想い合う付き合いをスタートさせる。
さらにもう一年ほど経った二十六歳の年の春、東日本大
震災が発生。
世間は節電モード一色。
当然、音楽業界も自粛する動きが出ていた。
同時期、組んでいたパートナーとも今後の方向性につい
て揉めるタイミングも重なり、僕は震災を機にミュージシ
ャンとして食べていく道を諦めた。
それに、彼女の方が音楽的センスははるかに上だった。
それぞれ譲れないものを持ち、ときには喧嘩をすることも。
実力のなさや現実を突きつけられた背景もあり、きっぱり
と身を引いた。
とはいえ、大した職歴もない自分が将来を考えたとき、
絶望しかなかった。
そんな折に、お世話になっていたプロデューサーの人か
ら、とある提案を受けることに。
「写真事務所で雑用でもいいから働いてみない?今猫の
手も借りたいほど人が足りてないんだって」
行くあてもなく、路頭に迷うよりかはいいかという簡単
な判断で下した会社は、結婚式での写真撮影をメインで行
なっているところだった。
業界は未経験でも、CDのジャケット用の写真を撮ったり
していたことから、早い段階で慣れていく。
指導してもらいながら、二ヶ月が経過したとき、早速デ
ビュー。
初めて本番を迎える前日は、眠れなくなるほどの緊張。
一生に一度の結婚式を、まだ素人同然の自分が手がけら
れる自信なんてなかった。
ベッドで横になっても目が冴えたまま、翌日を考えると、
鼓動が鳴り止まない。
当日を迎え、なんとか無事終えたとき、想像していた以
上の疲労が僕を襲った。
その挙式を機に、派遣回数は増えていく。
初日ほどの緊張感はなくても、カメラを持つ手が震えな
いときはなかった。
よくわからないまま撮り始め、知識が浅いながらも経験
値をどんどん積んでいった。
最初は、あまり楽しさを見出せなかった。
だが、毎日のようにカメラを扱っていると、いつかカメ
ラマンとして名乗れるようになれたらいいなという、淡い
将来像を描くようになっていた。
技術は未熟でも、サービスでは絶対満足させようと考え、
行動していた。笑顔や瞬間の美しさを引き出すためには、
コミュニケーションをとらなければいけない。カメラマン
とはつまり、接客業だと思って接していた。
そのおかげで、新郎新婦から可愛がってもらえるように
もなった。二人からタメ口で話されるくらいの関係性を構
築したことを実感すると、少しずつ僕は自信を得るように
なっていく。
ブライダルフォトグラファーとしての面白さを日々味わ
っていくうちに、月日はあっという間に流れ、二〇一五年
七月に僕と彼女は入籍した。
付き合い始めてから約六年の歳月。
その半年後の二月に目黒の雅叙園で挙式を行なう段取り
となっていたが、招待状を送るタイミングになったとき、
僕はかつてないほどの勇気を振り絞らなければならなかっ



に声をかけていいのか。
そもそも声をかけていいのか。
招きたい人への一報を送ることに、抵抗感があった。
迷惑ではないか、誰も来たいと思わないのではないか。
考えれば考えるほど、ネガティブ思考に陥っていく。
かつて、いじめられていた。
友達なんて、いなかった。
祝ってくれる人は誰も。
過去を振り返ると苦しくなった。
自信のない学生生活だった。味方なんていなかった。孤
独な時間を過ごしていた毎日。
たった一言、誘う言葉を投げかければいいのに、ケータ
イを握りしめながら、最後のボタンだけ押すのをずっとた
めらっていた。
「しゅんちゃん、早く決めなよ」
彼女が呼びたい人はすぐに決まり、僕を催促する。
確かにずっと悩んでいても仕方がなかった。それに、招
待状の送付期日が迫っている。
勇気を出して、送るしかない。
リストアップした人たちの名前を見ながら、僕は一人ひ
とり送信していった。

二〇一六年二月七日。
友人たちに囲まれて、祝福されるなんて夢にも思わなか
った。
連絡した、ほぼ全員の人から即答で、
「おめでとう!もちろん行かせてもらうよ。招待してく
れてありがとう!」
という声が次々と届いた。
中にはブッキングして来れないという人もいたが、参列
者はおよそ五十人。
不安を抱きながらケータイを握りしめていた時間が馬鹿
らしく思えた。
ミュージシャン時代に出会ったメンバーもいれば、二十
代前半のときの飲み会で知り合った人、お世話になってい
た先輩たち。学生時代からの付き合いでなくても、こうし
て信頼できる人たちから祝われることが、この上ない喜び
だった。
ブライダルフォトグラファーとして活動して四年ほど経
ったけれど、その当時、新郎新婦はみんな六歳くらい年上
の人たちばかり。豪華絢爛にやって楽しんでいる雰囲気が、
どこか遠い世界での出来事のように映った。
自分には縁のない話。
誰よりも近くにいるのに、どこか他人事だった。
幸せを想う気持ちはあれど、それはカメラマンとしてで
あって、藤間俊介としてではなかった。
だが、僕自身が式を挙げたことによって、一気に見え方
に変化が生まれた。
挙式の流れは全て把握し、理解している。
奇をてらったものでなければ、構成のほとんどはどの夫
婦も一緒だ。僕たちも例外ではない。
見慣れて、何度も経験してきたのに、初めて自分ごとに
なったとき圧倒された。
ずっと叶うはずのない夢物語だと思っていたからこそ、
僕は涙を浮かべていた。
それに、こういう場が開けたのは、紛れもない彼女のお
かげ。
付き合うまでは大変だったものの、六年という長い年月
を共にし、信頼と愛を積み重ね、これから長い人生二人で
歩んでいけることへの感謝を、みんなに伝えられたのは本
当に幸せだった。
結婚式という舞台は愛を誓う一つのしるしであり、覚悟
の表れだ。
スーツですら着慣れないのに、目黒の雅叙園で行なった
和装婚は、最初ぎこちなさを覚えたけれど、無事多くの人
たちに見守られて挙式を終えられた。
少し落ち着いた頃、当日の写真を眺めていた。
撮ることは好きでも、写っている自分を見るのは、少し
照れ臭さかった。
撮影するその瞬間はよくても、毎日のように写真を見返
しはしない。
僕は、それでいいと思っている。
振り返るタイミングなんて、長い人生においてもせいぜ
い数回程度だろう。
けれど、そのたった数回でもいいから、残す意義を理解
してほしい。
年月の経過と共に少しずつ忘却され、どこに誰がいたな
んて忘れてしまっているはずだ。
それでも、一枚の写真があれば、全てが蘇る。
あのとき、あんな風だったよね、という会話が生ま
れればそれだけでいいのではないか。
モノクロだった記憶が、たった一枚を機に、彩りを加え
てくれる。
それが良さであり、写真だからこそできること。
人生で一番幸せだったとしても、細かいシーンまでは誰
も覚えていない。
でも、こんなにも充実して、幸せを噛み締めるイベント
なんて、人生においてそう多くはない。
それに、自分が愛している人の、最も綺麗な姿を見られ
て、残せれば、美しさは永遠に生きている。
今や、社会的に結婚に対する意識はどんどん低下してい



の一番の要因となっているのが、金銭面だ。
費用の捻出が難しいという現実問題はあれど、無理して
でもやはり挙げてほしい。
結婚式はこんなにも美しいのに。
恋する自分たちが一番輝いていられるのに。
そもそも恋愛に後ろ向きになっている原因は、自信のな
さではないかと感じている。
僕も、はじめはなかった。
けれど、恋をして、自信を持ち、友人に囲まれて挙式を
してから、今の僕はこの仕事に誇りを持っている。
結婚式はそんな新しい自分に気づける場所。
だから、恋をして、誰かを愛して、二人だけの世界を、
二人が愛している人たちだけを集めた結婚式をしてほしい。
そして、その幸せ絶頂の瞬間を、カメラを構えた僕が収
める。
挙式後、もっと好きになった妻がいる。
愛している妻と過ごせると思うと、毎日が楽しくて仕方
がない。
人生は長いようで、あっという間。
短い中、一生涯付き合える人を見つけ、共に暮らす喜び
をもっと体感してほしい。
恋で変わった僕は、恋の楽しさを知っている。
自信を持って恋をしてほしい。
あなたにしかないその魅力を、見つけてくれる人がこの
世には必ずいるのだから。

モデル:藤間俊介
職業:ブライダルフォトグラファー

あとがき:
個人的な体験ではあるが、私は二〇一七年に十一回結婚
式に参列した。当時二十八歳の年で、結婚ラッシュが続く
のは承知の上だが、まさかここまで多くなるとは想定して
いなかった。
やはりどの挙式を見ても感慨深く、ときには涙すること
もあった。
ただ、人間の記憶は薄れる。
何年か前に参列した式を覚えているかというと、自信は
ない。
だが、たった一枚の写真を見れば、どんな演出だったの
かを瞬時に思い出すことができるのは写真ならでは。
二度とない結婚式は、夢のような時間だろう。
どんな夫婦も、その日は終始、笑顔でいるのだ。
そんな瞬間を彼トーマスこと藤間さんは切り取って
くれる。
レンズを通じて、幸せなシーンを一枚の写真に封印する。
決して、永遠に廃れることのない思い出。
ブライダルフォトグラファーというカテゴリーを見れば、
世の中には数多くいる。
だが、彼は自身の結婚式を挙げたことによって人生が変
わり、その喜びを知っている。
そういう背景がある人は、一体どれだけいるのか。
こうして読んでくださっている読者と、トーマスさんと
の縁はきっと何か意味のある出会いなはず。
もし、読者が恋をして、愛を知り、その日を迎えるなら
ばぜひ依頼してほしい。
彼が持つカメラを通じて、きっとあなたの人生も変わる
はずなのだから。
ライフストーリー作家®築地隆佑

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE